秋の味覚(お米・黒枝豆)

園では育てていないけれど、子どもたちに秋に収穫された美味しい食べ物に

触れてほしくて、お米の脱穀や黒枝豆のさや取りを一緒にしてみました。

園でしばらく干していた稲穂に、「これなぁに?」と興味津々の子ども達。

稲穂から一粒一粒、手で取ります。

絵本と一緒!
すり鉢とボールを使ってゴリゴリすると、もみが取れるよ

細かい作業でしたが、お米になるまでの過程を真剣な顔で参加していました。

沢山はできなかったけど、お米ができました。

触ると「固いね」といつも食べているご飯とは違うことを確認していました。

黒枝豆の枝を保育室に持って行くと「これ知ってる!」と、食べたことがあって知っている子もいて

すぐにさや取りがはじまりました。

枝からさやをはずすのは少し力がいるので、取るのに時間はかかりました。

さやの中から豆を出して匂ってみたり、「かたいなぁ」と湯がいていないので

普段食べているのとは違うことを発見していました。

様々な食材に触れ興味を持つことで、食べる事が好きになるといいなぁ。

前の記事

さつまいも堀り